初めてのピンサロの感想を綴る(1/2)

こんにちは。すみだです。

今日は大学に成績証明書を取りに行ったついでに、以前から考えていたピンサロに行ってきました。

下ネタになりますが、帰りの電車の中でこの気持ちを綴りたいと思います。

一人暮らしをしていた時、高校の友人との飲み会は専ら新宿歌舞伎町でした。 ある5回目の飲み会の時、確か9月でしたかね。 歌舞伎町で飲み会をすれば嫌でも風俗店が目に入ります。 友人の童貞性欲達磨がピンサロに行く!と宣言して、6人中3人が歌舞伎町ニャ○パ〇というお店に行きました。残りの友人と出待ちをしてましたが、あの時ほどの友達の笑顔はあまり見た事がありませんでした。

その時僕は彼女がいましたから、風俗店に行くのはなあという思いが少なからずありました。 次の飲み会も3人はピンサロに行きました。 そして今でも思い出すその次の飲み会、大学に入って初めて出来た彼女と別れた僕はピンサロに行く決意をし、何があっても良いように、財布の中は金以外は全て抜いて飲み会に行きました。

飲みの時はボルテージは最大。決めるぞという思いで店へ足を運びましたが、感じの悪いボーイから脅威の1時間待ちとの一言。そこで僕は萎えてしまって以後ピンサロに足を運ぼうとは思いませんでした。

そして2018年、休学して実家に戻っていますが、異常にムラムラするんですよ。何故かって、女の子と話す機会が無いから。 大学にいる時は毎日何かしらあったものが2ヶ月何も無いと人間簡単に壊れるんですね。 風俗に行きたい!という思いが強くなりました。 しかし、なかなか都内に行く機会は無く虚しく橋本ありなさんでシコる日々でした。

時は経ち2018年6月。TOEICの試験会場が大宮芝浦工業大学でした。僕は覚悟を決め、前日にピンサロサイトを凝視した結果、TOEIC前日がその1ヶ月で1番勉強してない日になってしまいました。 期待に胸を膨らませ、TOEICが終わった後、僕は大宮、通称南銀通りに向かいました。 しかし、ここで事件が起こった。僕は浮かれてしまいスマホで地図を確認しませんでした。 大宮はピンサロが二店あります。僕の目的の店は裏通りを通って行くのですが、勘違いをして普通に大通りに面した所へ向かってしまった。 そして道の入り口にはサンドウィッチマン伊達ばりのヤンキーかたむろしていて、僕は泣く泣くお店に入るのを諦めました。

友人と合流し、話をするとその店は僕の行こうと考えていた店ではなく、以前友人がマ〇ハ〇の説明会に参加すると貰えるお祝い金壱万円をそのまま突っ込んで地雷を踏んだ店でした。 僕は酒を飲みながら静かに神に感謝をしました。

そして、今日。本当は新大久保でご飯を食べたかったのですが、友人が誰もいなく、1人で新大久保に行く勇気をなく、僕はピンサロに行くことを決意しました。

大学に行き、証明書の手続きをし、久々に乗る山手線に身を委ねました。 新宿から山手線で約15分程度、五反田に着きました。 今度はしっかりとスクショ撮って道順を確認しながら進むこと10分、戦場に到着しました。 しかし入る勇気はなく、1度通り過ぎてしまい、5分程心を落ち着かせてから僕は特攻しました。

お店に入るとクラブばりに音楽が流れ、待っているとイケメンのボーイに声をかけられました。 ボ「いらっしゃいませ、当店のご利用は初めてですか?」 感じが良い挨拶に好感をもてました。緊張しまくりの僕は伝えなくても良いのにビンサロ自体が初めてです。と伝えるとボーイは素敵な思い出を約束しますよ!って言って微笑みました。

女の子を選んでくださいとパネルを指さされると、正直僕的には誰でも良かったので、誰でも良いです!って元気に答えてしまいました。

続きます